特徴など

芝張りは建物の外装の魅力を高めるためにおこなわれていることが多くあり、庭に生えている草とは異なっています。庭に生えている草は放置しておくとどんどん雑草が生えてきます。

Read more

清掃の依頼

自宅にある程度大きな庭がある人でそこに芝生が植えてある場合、1年を通して考えた場合には芝生の手入れはかなり大変です。 もちろん自分で行うことができる人なら良いですが年齢的なものや時間的なものの関係で、自分で芝生の手入れができない人もいます。

Read more

手入れは怠らないように

青々とした芝生は清潔な家庭や豊かさの象徴です。いつの時代も人様から羨ましがられるだけでなく、庭を見た人達を心地良い気分にしてくれます。ご自宅に芝生がある場合は、定期的にお手入れして健康的な庭を保つようにしましょう。

Read more

草刈りの現状

住宅の楽しみとして芝張りをする人がいますが、とても大変な作業なので、プロに任せることが一般的なので、覚えておきましょう。

特殊な技術と、専門の機材が必要な木の間伐は、プロの業者に依頼するのが無難です。作業中の危険性も低くなります。

草刈りは以前だと地域の人たちが団結するための一つのイベントでもありましたので、草刈りには重要な意味があったのです。参加できない場合でも、何らかの負担を行ったり、次の時に積極的に参加するなど、地域全体で行う行事でしたが、地域コミュニティの崩壊とともに、そのような行事が消滅しつつあります。共有地といっても誰もがかかわるわけではありませんから、強制力があるわけではありません。近年では、地域の草刈りをみんなでする意義が薄れているのです。

共有地の草刈りを誰がすべきか。結局は、共有地とは名ばかりで、誰でも使用できる土地は公共の土地ということになり、行政において草刈りをすべきだという意見に終息してしまいます。確かに、河川の土手や堤防など行政がすべき場所は多くあります。これまで、地域の人たちが好意で行ってきたもので、行政が行うべき部分も多いです。しかし、すべてを行政に任せるのではなく、地域としての責任で行っていくことも重要です。最近では、そのような作業を行えるような地域コミュニティが消滅しつつあります、逆に、そのような地域の力を高めていくことがこれから重要になってきます。草刈りだけでなく、地域ですべきこと、地域でできることは、自分たちの手で行うことが重要なのです。

10000件以上の実績を誇っている業者に依頼をして芝刈りを行なってもらいましょう。豊富な経験をもっています。